生徒さんの声

TOさん(入門コース)

 二胡の癒しの音色に魅せられて、二年前に習い始めました。曽先生は音楽大学(二胡専攻)出身でいらっしゃいますので、基礎からみっちりと丁寧に教えてくださいます。
 それに大学では日本語も学ばれていたとのことで、とても日本語が堪能で言葉の壁も無く、細かい説明なども全て良く分かります。偶然の出会いでしたが、良い師にめぐり逢えたと嬉しく思っています。
 日々練習を積み、いつの日か、曽先生のように美しく心に響く癒しの音色を奏でられるようになれればと思います。

Oさん(入門コース)

 指の使い方について細かく教えていただけるので自信がついてきます。またレッスン曲を教室で録音し家で復習するという方法を試していますが、大変勉強になります。
 音に関しては妥協を許さないので、適度に厳しいですが、先生の弾かれる二胡の素晴らしい音色をめざして頑張ろうという気になります。

TSさん(入門コース)

 私は、某音楽教室で二胡のグループレッスンを3ヶ月間受けましたが、思うようなレッスン効果が現れず、どうしようかと悩みだした頃に書店で曽朴先生著の『二胡 初歩の初歩入門 Basic of 二胡』のテキストに出会い、今では隔週で先生のレッスンを受けています。初めてのレッスンの時から、とても丁寧にアドバイスをくださり、基本の奏法や姿勢、手の形など、何度も繰り返し、理解し納得し、出来るようになるまで丁寧に教えてくださいました。
 南大阪から片道1時間あまりかけて通っていますが、毎回とっても楽しみです。二胡を奏する事が、どんどん好きになっていく自分を発見し、心から楽しんでいます。将来は二胡の先生になりたいので、これからも、ますます、がんばります。

ASさん(入門コース)

 私は福岡から関西へ越してきたところなので、曽朴先生に師事してまだ2ヶ月ぐらいですが、日々二胡を弾く楽しみに魅せられています。初めは基礎からですが、先生が根気よく教えてくれますし、疑問等もお聞きすれば丁寧に答えていただけます。
 また、レッスンの合間のお話なども面白く、それもまた一つの楽しみでもあります。二胡はよく癒しの音などと言われますが、弾いている本人自身も癒されているということを感じます。これからも先生の元、良い音色がだせるように練習を頑張りたいと思います。

YOさん(入門コース)

 私が名師堂の教室(二胡スクール)を選んだ理由。
私が二胡を習いたいと思い始めてから、インターネットでスクールを検索してみたのですが、まず、(1)会社帰り(平日夜)に通えるところ (2)少人数制(個人あり) (3)楽器をレンタルできる をポイントとして3箇所をピックアップし、見学を申込みました。
 3箇所とも大阪市内だったのですが、この内2箇所では初心者クラスがなく、経験者と一緒にレッスンとのことで断念。もう一箇所も経験者と一緒のクラスなのですが、3人と少人数で、個人のペースで見ていただけそうでしたが、部屋が小さく、そこは最初から楽器の購入を勧められ(たしか6万円くらいだったかと思います)まだ楽器購入は考えられなかった私はまたもや断念。改めて仕切り直しです。
 そこで会社帰りにこだわらず、自宅から通える範囲に条件を広げ、目に留まったのがこちらの名師堂でした。さっそく名師堂にも見学申込みの電話をしたところ、とても親切に応対していただき、最後に「ぜひお待ちしております」と言っていただいたのは名師堂だけでした。
 名師堂は二胡専門店ということもあり、楽器購入からレンタルもでき、メンテナンスのフォローもできて安心です。何よりも初心者クラスを設けられており、みんな同レベルでスタートできるということが一番の魅力でした。また名師堂の場所は神戸県庁そばでわかり易く、休日の朝のレッスンで少しツライ部分もありますが、二胡を弾き始めると自然と姿勢をただし、頭もスッキリするようなそんなリフレッシュ効果も期待しつつ、現在3ヶ月目でお友達もできて楽しく通っています。今どこにしようか悩んでおられる方、まずは見学に来られてみて、自分の目でみて聞くのが一番だと思います。

Nさん(入門コース)

 「二胡スクール」のレッスンでは、音階や練習曲など、基礎的な内容の指導が充実している。曽先生オリジナルの指導方法は着実に力がつくよう工夫されており、プラス何度でも納得いくまで一緒に弾いて下さったり、中国音楽のニュアンスを説明してくださったり、丁寧で的確な指導を受けられる。そして、真近で、先生の感情を持った二胡の音色を聴き、観察できることがとても勉強になる。レッスンの度にどんなに小さい事でも、必ず、「なるほどー」と思えるような事がある。これが「二胡スクール」の“楽しみ”だと思う。

KFさん(月1回だけコース)

 私は、楽器は習うより慣れろだと考えて独学で始めましたが、二胡の独特な柔らかい音色が出せるようになるには我流ではダメだと思いなおし、ホームページの中でも熱のこもった二胡解説をされている曽先生をお訪ねしました。 私は、曽先生の「楽曲は基礎の応用に過ぎません。二胡はしっかりと基礎を練習することが大切です。」のアドバイスを大切にしています。
 二胡を始められた方は、D調、次はG調、その次はF調と、ややもすると楽曲のレパートリーの増すことを上達の目標にされているように思います。二胡の楽しみ方は色々あっても良いと思うのですが、殆どの方は、柔らかく哀愁に溢れた音色に憧れて始められたのではないでしょうか。 そういう点で、曽先生の個人レッスンは、グループレッスンと違って、曽先生の弾く二胡の音色と自分の弾く音とを生で比較することができますし、音色の違うときの弓の扱い方の違いを比べてみたり、先生の指導を受けることができる利点があると思います。 ただし、個人レッスンは曽先生との真剣勝負のようでもあり、自分の練習不足を見透かされているようで、大変、緊張します。自宅ではいい加減な練習をしているんだなぁと、レッスン後は反省と奮起して帰宅しています。これからもよろしくご指導いただきますよう、よろしくお願いします。

SKさん(月1回だけコース)

 二胡の音色に憧れて、基礎から教えて頂けるスクールを探していました。平日は夜まで仕事、土日も仕事が入ることもあるので、月に1回ですが、先生と次回の日程を相談して決められる今のレッスンはとても有難いです。もうすぐ通い始めて1年目になりますが、申し込んだ時には「楽器を担いで京都から1時間以上かけて通うなんて、ずっと続けられるのか…」と不安でした。けれども、通えば通うほど、先生のように綺麗な音色でもっと上手に弾きたいという気持ちが膨らみ、しんどいと思ったことはありませんでした。これからも、ずっと二胡を続けていきたいです。

MTさん(月1回だけコース)

 私は、二胡をはじめて3年半になります。それまでは某二胡教室でグループレッスンを受講しておりましたが、曽朴先生とSOBOKU二胡スクールの生徒さん達による二胡フェスティバルで、曽朴先生の透き通るような二胡の音色と、生徒さん達のしっかりした音程と音色を聴きまして、是非、曽朴先生に師事したいと強く思いました。
 さっそくメールで見学のお願いをいたしました。当初は、グループレッスンでお願いしようと思っていたのですが、私の都合のいい時間に同レベルのグループレッスンのクラスがないということで、月1回の個別レッスンをお願いすることにしました。 まずは、二胡の持ち方、演奏姿勢、チューニングの仕方、運弓の仕方、など二胡の基本を一からみっちりと教えてくださいました。その後は、5ヶ月みっちりと教本の練習曲を教えていただきました。 レッスンでは、先生が一緒に同じパートを弾いてくれるので、きれいな音色で、楽しく二胡を弾くことができます。
 一人で弾かされると、さきほどの音色は自分のものではなかったんだということを気づかされることになりますが、その違いを味わえるのは個別レッスンならではで、とてもありがたいことだと感謝しています。
 私は、運弓の仕方と音程をよく注意されますが、的確なアドバイスをしていただけ、音量も音色も少しずつではありますが、以前に比べだいぶよくなってきたように思います。 6ヶ月目からは、いろんな曲を教えてもらうようになりました。今は、教室で先生と二胡を弾くことが楽しくて仕方がありません。 これからも、曽朴先生の深淵な二胡の音色に少しでも近づけるように、日々精進していこうと思っております。